/

この記事は会員限定です

「送り付け商法」の対応策 開封せず、2週間後に処分

弁護士 志賀剛一さん

[有料会員限定]

家に宅配便が届き、家族が頼んだものと思い箱を開けましたが、誰も注文していませんでした。中身は健康食品のようで請求書が入っています。開封すると返品ができないと聞き、困っています。

商品を一方的に送り付けて代金を請求する「送り付け商法」と呼ばれるものと思われます。そもそも売買の契約は、売り手と買い手の意思が合致して成立します。商品を送り付けて「○日以内に返送がなければ購入したものとみなします」などと書...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り811文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン