/

この記事は会員限定です

障害者の働き方に追い風

在宅勤務で対話・通勤の負担減 広がる選択肢、健常者にも

[有料会員限定]

コロナで浸透した在宅勤務が障害者の働き方に追い風になっている。通勤や集団作業などのストレスから解放されるからだ。感染防止で制約の多い暮らしは、実は障害者には日常。多くの人が共感することで、健常者を含めた多様な働き方の選択肢を広げる。

発達障害がある人などの福祉事業所を運営するGftd Works(東京・新宿)は、新型コロナウイルスの感染が拡大した4月以降、原則通所を見直し在宅が可能になった。同時に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1426文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン