/

この記事は会員限定です

大阿闍梨の笑顔 伊井哲朗

[有料会員限定]

炎を上げて祈りささげる護摩祈祷(きとう)に多くの人が訪れる仙台市の慈眼寺。住職の塩沼亮潤・大阿闍梨(だいあじゃり)にお会いするたび、自分の心を整えるヒントをいただいている。最初に会ったのは6年前、日本版ダボス会議といわれる「G1サミット」。大阿闍梨は仏教の教えである思いやりの心がリーダーには必要だと説き、全く同感だった。その後、想像を超える修行から大阿闍梨が得た物を感じたいと、友人たちと慈眼寺に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り352文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません