/

売り場作りの新方程式 コロナで消費者意識に変化

長い行列 ついで買い商機

[有料会員限定]

「献立は何にしよう」「ちょっと寄っていこうかな」。あまり計画的ではなかった買い物が新型コロナウイルスの流行を機に変わろうとしている。感染リスクを恐れてスーパーなどでは、まとめ買いが主流に。ウインドーショッピングを楽しむ人も減った。ついで買いを誘うためメーカーはレジ前の行列に商機を見いだし、商業施設も売り場戦略を変えて来店客の落ち込みを補おうとしている。消費者意識の変化をどれだけ売り場に反映できるか...

この記事はMJビューアーご購読者限定です。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン