/

この記事は会員限定です

外貨保険、高利率で販売増 4~9月は65%増

積立利率4%前後 円高なら受取額減少も

[有料会員限定]

金融機関で外貨建て保険の販売が急増している。業界の推計によると今年4~9月の販売額は前年同期比65%伸びた。ほぼ金利がつかない円預金といった運用手段に比べ、海外の金利上昇で積立利率が改善する外貨建て保険は多額の資金を引き寄せる。足元で円は一時1ドル=150円台をつけたが、満期時などに円高へ振れれば円換算の受取額は目減りしかねない。盛り上がる市場には為替リスクの危うさも潜む。

相続対策や資産運用を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1314文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません