/

この記事は会員限定です

長期優良住宅、認定基準の拡大検討

国交省、中古市場を活性化

[有料会員限定]

国土交通省は22日、耐震性や省エネルギー性能の高い戸建て住宅などを認定する「長期優良住宅」の基準拡大に向け、有識者会議の初会合を開いた。認定を受けた住宅は不動産価値が向上するが、現行基準は高度な断熱性などを求めており、普及が遅れている。基準の拡大で普及を図り、中古住宅市場の活性化を目指す。

有識者会議は年内までに基準拡大の方向性をまとめる。国交省はこの日の会議で、現行の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り187文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン