石破氏、派閥会長辞任へ 意向を表明、総裁選敗北で引責

2020/10/22付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

自民党の石破茂元幹事長は22日、自身が率いる石破派の会合で、派閥会長を辞任する意向を表明した。9月の党総裁選で菅義偉首相に敗れたほか、岸田文雄前政調会長にも及ばず最下位に終わった責任をとる。派内にはとどまる。

石破氏は総裁選後、派閥に所属する議員と今後の派閥運営について個別に意見交換をしてきた。派内には安倍前政権と距離を置いてきた路線に批判的な声が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]