春秋

2020/10/22付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

秋の澄んだ青空に、はけで軽く粉をはたいたような、真綿を薄く引きのばしたような白い雲が浮かぶ。気象の世界では、「巻雲(けんうん)」と呼ぶ。上空1万メートルの高みで、日の光を受けて輝く。その繊細な美しさから、「絹雲」と表記する辞書もある。さながら天女の衣のようだ。

▼いわし雲、おぼろ雲、入道雲……。戦時下の国民学校の国定教科書に、さまざまな雲の特徴を学ぶ章があったという。いわゆる「昭和ひとけた」の世代…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]