/

この記事は会員限定です

JFE、高炉再稼働2倍速

AIがデータ学習し工程見直す、「鉄冷え」対策で需給に即応

[有料会員限定]

JFEスチールがデータを軸に製鉄所の運営手法を変え始めた。数十年分の操業実績を活用して一時休止した高炉の再稼働にかかる時間を半減させ、「4K」映像を「5G」通信で転送して現場の状況を遠隔で即座に分析する。需給変動に応じて柔軟に高炉を運転し、値下げ競争からの脱却を目指す。小回りの利く鉄鋼メーカーへ変貌し、規模に勝る中国勢に対抗する。

「大型高炉では類を見ない成果だ」。9月17日、JFE社内が沸いた。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1569文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン