/

この記事は会員限定です

海洋放出なら計測強化

規制委方針 福島第1処理水巡り

[有料会員限定]

原子力規制委員会の更田豊志委員長は21日の記者会見で、東京電力福島第1原子力発電所にたまる処理水の海洋放出を政府が決めた場合、周辺海域の放射性物質の計測を強化する方針を示した。放出前後の放射性物質濃度を正確に情報発信し、風評被害の抑制につなげる。

政府は10月中にも処理水の海洋放出を決める見通しで、早ければ2年後の2022年度にも放出が始まる。更田委員長は海洋放出について「基準を守って実施される以...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り246文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン