/

この記事は会員限定です

不妊治療 控える動き

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの第1波を巡っては、不妊治療の専門医らでつくる学会が、人工授精や体外受精の延期を考慮するよう求める声明を出していた。現段階で胎児や母体に及ぼす影響を示す科学的根拠はないものの、「母子の健康面が不安」として治療を控える人もいる。

みなとみらい夢クリニック(横浜市西区)は、4月に日本生殖医学会が声明を出したことを受けて受精卵の子宮への移植を一時中断。4~5月は患者数が通常の6割まで落...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り298文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン