/

この記事は会員限定です

サイバーエージェント時価総額、電通に肉薄

ネット広告成長で8200億円

[有料会員限定]

サイバーエージェントが28日、2020年9月期の本決算を発表する。人工知能(AI)を活用したネット広告の収益をネットテレビ「ABEMA」の投資に回すモデルに期待が集まり、21日に株式分割を考慮した実質の上場来高値(7030円)をつけ、時価総額は8000億円を超える。電通グループと競る場面もあり株式市場で1兆円に迫るとの見方がある。

「広告市場の変化の象徴だ」。外資証券アナリストはこう話す。27日の時価総額はサイバーが約8200億...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り899文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン