/

この記事は会員限定です

「菅法案」来年通常国会に

デジタル化・脱ハンコで一括法 臨時国会10本に限定

[有料会員限定]

政府は26日召集の臨時国会に出す法案などを10本程度に限定する。デジタル庁の新設と押印・対面・書面原則の撤廃は2021年の通常国会にそれぞれ一括法案での提出をめざす。通常国会は追加経済対策を盛る20年度補正予算案も扱い菅義偉首相の看板政策が集中する。

自民、公明両党の幹事長と国会対策委員長は21日、都内で会談し、臨時国会で提出法案の会期内成立をめざす方針を確認した。会期は12月5日までの41日間で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1225文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン