/

この記事は会員限定です

(社説)父も気兼ねなく育休取るには

[有料会員限定]

菅政権になって初めて開いた全世代型社会保障検討会議で、少子化対策を重くみる首相が、子供の出産直後に父親が育児休業を取りやすくする制度に言及した。

父親の取得率は緩やかに上昇しているが、いまだ7%台にとどまる。大いに取得を促すべきだが、5年後に30%という政府目標の達成が目的化するのはよくない。まずは希望者が気兼ねなく休める空気づくりを急いでほしい。

母親の取得率は80%台前半で安定している。父親と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り605文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン