温暖化ガス 2050年実質ゼロ
首相、所信表明で方針 産業構造の転換迫る

2020/10/22付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

政府が温暖化ガス(総合2面きょうのことば)の排出量を2050年に実質ゼロにする目標を掲げることが分かった。菅義偉首相が26日、就任後初の所信表明演説で方針を示す。欧州連合(EU)は19年に同様の目標を立てており、日本もようやく追いかける。高い基準の国際公約を達成するため、日本は産業構造の転換を迫られる。(関連記事政治、経済面に

50年に排出量を全体としてゼロにし、脱炭素社会の実現を目指すと表明…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]