世界航空大手、巨額赤字に
ANA今期最終5000億円、保有機数を1割圧縮

2020/10/22付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

世界の主要航空会社の業績悪化が止まらない。ANAホールディングス(HD)は2021年3月期通期に過去最大の最終赤字となる見通し。米デルタ航空や米ユナイテッド航空が発表した20年7~9月期の最終赤字も数千億円規模だった。ANAHDは国際線を中心に航空需要の低迷が長引くとの見方から、傘下の全日本空輸(ANA)の使用機材を約1割減らす方針を固めた。

ANAが使う旅客機は約260機で、このうち25~30…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]