/

この記事は会員限定です

小野寺正(21)新電電再編

浮かんでは消えた合併案 先輩と再会、経営陣顔合わせ

[有料会員限定]

1982年以来、14年にわたって議論の続いてきたNTTの分離分割問題に政治主導での決着がついたのが96年12月だ。中身は資本の一体性を保ったままNTT東西とNTTコミュニケーションズを分社する、いわば「なんちゃって分割」で私たちにはとうてい満足できる結果ではなかったが、この決着を機に今度は新電電の再編劇の幕が上がった。

それまでの通信市場は郵政省の主導による「仕切られた競争」の性格が強かった。長距離通信...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1138文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン