/

この記事は会員限定です

ANA今期最終赤字5000億円 過去最大、コロナ影響

[有料会員限定]

ANAホールディングス(HD)の2021年3月期の連結最終損益が5000億円前後の赤字(前期は276億円の黒字)になりそうなことが21日、分かった。新型コロナウイルスの感染拡大で国際線、国内線ともに旅客数の大幅な減少が続いており、過去最大の赤字になる。航空需要の回復に時間がかかると判断し、経年機や大型機材を中心に減損損失を計上する見通しだ。

27日に予定する決算発表で、未定としていた通期業績予想を開示する。

新型コロナの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り327文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン