アップル契約「反競争的」 米司法省、グーグル提訴で
スマホ検索「標準」と指摘

2020/10/21付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

【シリコンバレー=奥平和行】米司法省が反トラスト法(独占禁止法)違反の疑いで米グーグルを提訴した問題で、スマートフォン市場における同社の影響力の高さが争点として浮上してきた。20日の訴状で司法省は米アップルなどとの契約を問題視する一方、グーグルはスマホの基本ソフト(OS)を無償で提供して消費者の利益につながっていると主張した。

司法省は20日、首都ワシントンの連邦地裁でグーグルを提訴した。11州…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]