/

この記事は会員限定です

WHO 米中の板挟みに

アフリカ・エディター デビッド・ピリング

[有料会員限定]

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)への対応について、世界保健機関(WHO)が一部から厳しい批判を浴びている。中国・武漢市で新型コロナの感染流行が確認された当初、中国政府の事実隠蔽に手を貸した、またはマスク着用の効果は限られる、渡航制限は必要ないとするなど、あらゆることについて間違った、あるいは紛らわしい助言をしたなどと責められている。

一部の人にとっては、エチオピア人のテドロスWHO...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2381文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン