米大統領選 2020投票手続き、異例の混乱 民主主義大国に試練
期日前、行列11時間/郵便投票で訴訟/「非公式」投票箱

2020/10/21付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

2週間後に迫った米大統領選で、投票手続きの混乱が広がっている。各地の期日前投票で大行列が発生したほか、共和党が独自の投票箱を設置して州当局が撤去を命じた。民主党の州知事の拉致計画も浮上し、発展途上国も顔負けの露骨な投票妨害が相次ぐ。民主主義大国の米国にとって試練となる。

「行列に11時間並んでようやく僕らの番だ!」。南部ジョージア州のジョンタ・オースティンさんが期日前投票の大行列の様子をツイッタ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]