/

この記事は会員限定です

海外工場の作業を複合現実で指導

武蔵精密、日本から

[有料会員限定]

自動車部品メーカーの武蔵精密工業が、現実の景色に仮想の映像などを重ね合わせる複合現実(MR)を使った海外工場への遠隔指導を広げる。5月からメキシコ拠点向けに試験的に導入し、このほどカナダなどへの現場指示にも利用した。新型コロナウイルスの感染拡大で出張などが制限されるなか、日本から遠隔で分かりやすく作業を指示する。

米マイクロソフトのMR端末「ホロレンズ2」を海外工場の従...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り181文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン