/

この記事は会員限定です

新国立劇場「夏の夜の夢」

明確な英語歌唱 巧緻な響き

[有料会員限定]

コロナ禍により3月以降の公演を中止していた新国立劇場が、ブリテンの歌劇「夏の夜の夢」で秋からの新シーズンの幕をあけた。

欧米からの入国が困難な状況を反映して、指揮者や主役級の歌手は日本在住のメンバーに交代。演出・ムーヴメント担当のレア・ハウスマンは来日せずにリモートで指導する。ソーシャル・ディスタンスや飛沫感染予防に配慮した「ニューノーマル時代の新演出版」である。

原型となったのは2004年ベルギ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り485文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン