/

この記事は会員限定です

認知症、会話でAI判定

フロンテオ、来年初めにも治験

[有料会員限定]

データ解析のFRONTEO(フロンテオ)は来年初めにも、患者が話す言葉から人工知能(AI)で認知症の有無を判定するシステムの臨床試験(治験)を始める。言語を解析する新たな診断手法を用いることで5~10分程度の会話で、1分以内に認知症かどうかを判定する。医療機器として2022年の発売を目指す。実用化されれば医師も患者も負担が小さく認知症を早期にも発見しやすくなる。

国の機関である日本医療研究開発機構(AMED)の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り283文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン