/

この記事は会員限定です

年末調整も押印廃止

政府・与党、来年から

[有料会員限定]

政府・与党は2021年から会社員の年末調整書類の押印を不要にする。20年末にまとめる21年度の与党税制改正大綱に盛ることを検討する。税の手続きをめぐっては確定申告での押印も廃止する方向。手続きの簡素化と同時にデジタル化も進め、利便性を高める。

麻生太郎副総理兼財務相は20日の記者会見で「実印や印鑑証明書を必要としないものは原則として廃止していきたい」と述べた。

年末調整では、会社員は年末に保険会社...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り418文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン