/

この記事は会員限定です

デジタル通貨研究に力 FRB議長「最先端に」

リスク・副作用見極め

[有料会員限定]

【ワシントン=河浪武史】米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は19日の討論会で、中央銀行が発行するデジタル通貨(CBDC)について「われわれは研究の最先端で居続けることが必要だ」と主張した。導入の可否は「1番手になるよりも、正しく対処することがより重要だ」と述べ、安全面へのリスクや経済政策への副作用を見極める考えを強調した。

パウエル議長は国際通貨基金(IMF)が主催したデジタル通貨の関連討論...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り398文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン