/

この記事は会員限定です

日本の輸出、中国が支え

4~9月3.5%増 全体は19.2%減

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍で落ち込んだ日本の輸出の回復を中国がけん引している。財務省が19日発表した2020年4~9月の貿易統計で、輸出全体は前年同期比19.2%減ったのに対し、中国向けは3.5%増えた。9月は2桁増まで伸びた。中国への依存が深まれば米中貿易戦争や輸出管理法などの動きが日本経済に及ぼす影響が強まるリスクもある。

4~9月の対中輸出額は3.5%増の7兆4857億円だった。財務省が集計する3...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り256文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン