JR東海、改良型リニアの走行公開 乗り心地・内装改善

2020/10/20付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

JR東海は19日、山梨リニア実験センター(山梨県都留市)でリニア中央新幹線の改良型試験車の走行や車両内部を初公開した。2013年から走る初代営業仕様の「L0系」と比べて、中間車の座席の乗り心地を改善させ、内装もより明るくした。27年以降の東京(品川)―名古屋間の開業に向け今後も改良を続ける。

この日は開業時と同じ最高時速500キロ(東海道新幹線は同285キロ)の走行を公開した。改良型試験車は先頭…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]