/

この記事は会員限定です

「強制MMT」で黙るカナリア

編集委員 高井宏章

[有料会員限定]

国際通貨基金(IMF)が14日に発表した財政報告には、ちょっとしたサプライズがあった。新型コロナウイルスへの対応で「積極的に財政を活用すべきだ」としたうえで「低金利の恩恵で高水準の債務残高は当面はリスクにならない」と明言したのだ。

IMFは経済・金融危機の後始末で早急な緊縮を迫るのが常だった。「最強の番人」のお墨付きは世界経済に事実上、MMT(現代貨幣理論)が適用されつつあるとの見方に説得力を与え...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1002文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン