/

この記事は会員限定です

ジップエア、初の旅客便

成田―ソウル、まず週2便

[有料会員限定]

日本航空(JAL)傘下の格安航空会社(LCC)ジップエア・トーキョー(千葉県成田市)は16日、成田―ソウル線の旅客便を初就航した。まずは週2便で始め、25日からは週3便に拡大する。当面は帰省やビジネス客の利用が中心となる見込み。国内航空会社としては足元では唯一の韓国路線の定期運航で、他のLCCの運航判断にも影響を与えそうだ。

16日午前9時32分、ジップエアの米ボーイング787が成田空港から韓国...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り215文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン