/

この記事は会員限定です

鴻海がEV生産、シェア10%狙う

CATLと電池開発

[有料会員限定]

【台北=中村裕】台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業は16日、今後2年以内に電気自動車(EV)の生産に乗り出し、EV事業を本格的に始めると発表した。基幹部品の電池も、同分野で世界最大手の中国・寧徳時代新能源科技(CATL)と共同開発し、2024年に商品化するという。

同日、台北市内で開いた記者会見で、経営トップの劉揚偉董事長は「25~27年にはEV市場で世界シェア10%を獲得する。年間3千万台のEV市場...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り569文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン