/

この記事は会員限定です

値崩れに危機感

需要減を速める恐れも

[有料会員限定]

農水省が過去に例がない生産抑制の目安を示して減産圧力を強めた背景には、コメ余りによる米価の崩れに対する危機感がある。ただ「農家が自ら経営を判断する」という減反廃止の目的が骨抜きになり、競争力強化の努力を阻害しかねない。

農水省は減反廃止後も飼料用米などへの転作補助金を残し、生産を抑制している。同省は16日の部会資料で、減反廃止前の17年産と20年差を比較した各都道府県の作付け増減を表で提示した。作...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り206文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン