/

この記事は会員限定です

役員賠償保険 関心高く

関電金品受領で訴訟

[有料会員限定]

関西電力の金品受領問題で、会社法違反容疑などで市民団体が提出していた告発状を大阪地検特捜部が受理した。旧経営陣に対しては、関電や株主から損害賠償を求める訴訟も起きている。関心が集まるのが、役員の賠償金や裁判費用をまかなう「会社役員賠償責任保険」。ただ、刑事事件で有罪になると役員には保険金が支払われなくなる。

不祥事で株主などから訴えられる際に備えるのが役員賠償保険だ。経済産業省の2017年の調査では、日本...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り617文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン