/

この記事は会員限定です

米国が先行、治療ゲーム実用化

[有料会員限定]

デジタル薬は米国が先行している。2010年に米ウェルドックが米食品医薬品局(FDA)から糖尿病治療アプリの承認を得たことを皮切りに、現在はアルコールや薬物依存、不眠症の治療用アプリが実用化している。今年6月には米アキリ・インタラクティブ・ラブズが開発したタブレット端末のゲームを通じて子供の注意欠如・多動症(ADHD)を治療するソフトが承...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り169文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン