/

この記事は会員限定です

最新鋭IT、活躍幅広く

スパコンで治療薬探し

[有料会員限定]

IT(情報技術)による新型コロナ対策は、新薬候補の探索から感染者数の推移の把握など幅広い。感染症対策としてこれほど本格的にITが活用されたのは初めてで、産官学は協力して未曽有の危機に立ち向かう。

計算速度で世界首位のスーパーコンピューター「富岳(ふがく)」が日本の新型コロナ対策で中心的な役割を果たす。理化学研究所副プログラムディレクターの奥野恭史氏は、富岳で新型コロナの治療薬の候補探索を進める。ウ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り671文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン