/

この記事は会員限定です

欧州では政府が補償

[有料会員限定]

図書館蔵書のデジタル化と公開については、米グーグルが2004年ごろから米国図書館の蔵書をスキャンして検索可能にする事業を始めたことを機に、国内外で注目が高まった。

グーグルは権利者団体から提訴されたが、16年に最高裁が公共目的の著作物利用を認めた「フェアユース(公正利用)」にあたるとの控訴審判決を支持、グーグルが勝訴した。米国著作権法は「著作権者の利益を損ねない」など一定の条件を満たす無断利用をフ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り419文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン