/

この記事は会員限定です

中国漁船、EEZ「大和堆」で急増

イカ漁、日本船操業できず

[有料会員限定]

スルメイカなどの好漁場である日本海の大和堆周辺で今年、中国の大型漁船が急増している。水産庁は9月末、日本漁船の安全を確保するため特定の海域に入らないよう求めた。自国の排他的経済水域(EEZ)内にある漁場に入れない異常事態だ。

ここ数年、大和堆周辺では北朝鮮や中国の漁船が数を増し、日本漁船の操業を妨げている。この海域がスルメイカやズワイガニなどが集まる好漁場のためだ。

   □   □    

水産庁...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1044文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン