/

この記事は会員限定です

日産、苦渋の高金利調達 外債1.1兆円発行

資金繰り改善 海外の「利回り狩り」が支え

[有料会員限定]

日産自動車が約1.1兆円の外貨建て社債発行に踏み切った。日本企業の一度の外債発行では最大規模だ。新型コロナウイルス禍で危機的な状況にあった同社の資金繰りが改善する。窮地を救ったのは海外投資家だ。経営不振の日産への資金供給に国内マネーが慎重だったのと対照的に、海外のリスクマネーの懐の深さが浮き彫りになった。

「自動車メーカーは雇用への影響力が強く、各国政府から手厚い支援を受けられる。日産は当面の債...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1429文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン