/

この記事は会員限定です

河口湖音楽と森の美術館(山梨県)

100年前の音色・欧風の街 魅力

[有料会員限定]

山梨県富士河口湖町の「河口湖音楽と森の美術館」には、映画にもなった悲劇の豪華客船「タイタニック号」に載せる予定だった自動演奏楽器が展示されている。今なお100年以上前の音色を奏で、来場者の耳を楽しませている。

完成が出航に間に合わず、結果的に難を逃れたこの「フィルハーモニック・オーケストリオン―タイタニックモデル」は263本のパイプと大太鼓を組み込み、自動でオーケストラ演奏をする。

メインのコンサ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り732文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン