/

この記事は会員限定です

外食9社、赤字転落や減益 収益構造見直しに遅れ

6~8月、宅配・持ち帰り充実急務

[有料会員限定]

新型コロナウイルスで来店客が減った外食大手の収益構造の見直しが進んでいない。15日に出そろった大手9社の2020年6~8月期決算は、いずれも最終損益が赤字転落するか減益だ。3~5月期より客足は戻ったが売上高に対する販売費と一般管理費の比率は高止まり。借入金などで資金の確保を急いでいるが、売り上げ回復へ店づくりの見直しが急務だ。

15日に決算発表したドトール・日レスホールディングスの6~8月期最終損益は13億円の赤字(前年同期は1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り939文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン