/

この記事は会員限定です

過渡期の米国と次期大統領の課題

日本総合研究所上席理事 呉軍華

[有料会員限定]

米大統領選の投票日まで残りわずかとなった。世論調査では再選を目指すトランプ大統領が劣勢で、メディアや科学界などからはトランプ批判が相次いでいる。

前回大統領選のようにトランプ氏が前評判を覆すのか、それとも民主党のバイデン氏がトランプ打倒の悲願を果たすのか。選挙の成り行きは無論気になるが、ここでは両候補がそれぞれ大統領になった場合に直面する課題を整理することで、今後を考えることにする。そのためには歴...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1039文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン