「物言う株主」の要求、最多
今年22件、取締役選任や還元強化 コロナで欧米は低調

2020/10/17付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

アクティビスト(物言う株主)による日本企業への要求や提案が増えている。2020年は年間ベースの過去最多を上回る22件に達した。取締役の受け入れや株主還元の強化、買収価格の見直しなどを企業に迫る例が目立つ。コーポレート・ガバナンス(企業統治)改革を進める日本に照準を定めるファンドが増え、新型コロナウイルス禍で活動が鈍った欧米市場と差が鮮明になっている。

米投資銀行ラザードによると、物言う株主が公に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]