/

この記事は会員限定です

生活習慣改善、AIが提案

東芝が開発、疾患リスク算定

[有料会員限定]

東芝は高血圧症など生活習慣病になるリスクを下げるための改善策を提案する人工知能(AI)を開発した。1回分の健康診断結果を入力すると、5年後までに生活習慣病になる確率を提示。食事や運動量の見直しなどリスクを下げるための取り組みも提案する。スマートフォンアプリやソフトウエアに組み込むことができる。

2021年からのサービス提供を目指す。東芝が既に商用化している生活習慣病になる確率を予測するAI技術を活用す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り398文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン