/

この記事は会員限定です

西鉄など福岡の大手9社 コロナ対策・防災協議

事業体、まず飲食店支援策

[有料会員限定]

LINE FukuokaやJR九州西日本鉄道など福岡市に拠点を置く大手企業9社は14日、新型コロナウイルス対策や防災などについて協議するため、共同事業体「Fukuoka Smart City Community」(FSC)を発足させると発表した。まずコロナで影響を受けた飲食店の支援策について協議する。

3社のほかに福岡銀行や西日本シティ銀行、西部ガス、福岡国際空港、福岡地所、ホームセンターを展開する嘉穂無線ホールディング...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り277文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン