/

この記事は会員限定です

脱ブラック部活へ改革

選手主体や地域移行 早稲田大学教授 中澤篤史

[有料会員限定]

部活が社会問題になった。

強制加入、事故・怪我(けが)、暴力・暴言・ハラスメント、教師の負担、強制顧問、休日出勤……。生徒と教師を苦しめる「ブラック部活」というネーミングも、すっかりお馴染(なじ)みになった。

きっかけは、2013年に大きく報道された、大阪市立高校バスケ部での「体罰」事件だった。顧問教師の苛烈な「体罰」で生徒は自死に至った。長らく日本では、「体罰」は見て見ぬふりをされてきた。日本...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1353文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません