/

この記事は会員限定です

格差是正 競争力に

非正規待遇・年功賃金、人材確保に壁

[有料会員限定]

今回、最高裁は就業形態による正規社員と非正規社員の待遇格差を認めたが、正社員の待遇を特権的に守る日本型雇用は限界が来ている。

長く日本では終身雇用の正社員が標準的な働き方だった。職務内容が規定されず、配置転換や転勤を受け入れることが求められるが、一方で定年まで雇用は保障され賞与や退職金も支給される。

一方、非正規は正社員を守るためのバッファーとなり、不況期には雇用調整の対象となった。賃金は「身分」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り633文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン