/

この記事は会員限定です

鳥取県でMaaS加速

鉄道・バス共通パス/食と組み合わせ 公共交通利用へ実験

[有料会員限定]

鳥取県で公共交通機関の利用促進を目的としたMaaS(次世代移動サービス)の取り組みが広がっている。人口減少・高齢化の先進県でもあり、マイカー利用による事故リスクの高まりや、鉄道・バスなどの維持へ向けた対策が待ったなしの課題となっているためだ。

鳥取市などが組織する鳥取県東部地域MaaS協議会は、10日から12月30日まで県東部で鉄道とバスの共通パスを導入する実証実験をする。対象となるのは、鳥取駅...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1010文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン