/

この記事は会員限定です

「テスラ電池」パナソニックに影

値下げ圧力懸念、株価も下落基調

[有料会員限定]

電気自動車(EV)メーカーの米テスラがコストの3割を占めるとされる車載電池の自社生産に乗り出す。バッテリーの生産コストをほぼ半減させ、ガソリン車より安いEVを開発する目標を掲げる。テスラを主要顧客とするパナソニックの電池事業の成長減速に対する懸念も出ている。

テスラが9月22日に米カリフォルニア州の本社敷地内で開いた株主総会。イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が新型電池を自社生産する方針を表明すると株主...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1002文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン