/

この記事は会員限定です

「受験生に2万円」案 波紋

自民「仕組みが困難」 財務省「合理性欠く」

[有料会員限定]

大学受験や就職に臨む高校3年生と浪人生ら約126万人に一律2万円を給付する公明党の案が波紋を広げている。新型コロナウイルスや大学入試改革による影響を理由にした新たな給付金制度をつくるものだ。文部科学省は与党内での協議に委ねたが、政府・自民党内には目的や効果に対する疑問の声が出ている。

新たな給付金「受験生等支援給付金(仮称)」は、公明党の竹内譲政調会長が加藤勝信官房長官に6日に要望した。大学入学...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り512文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン