/

この記事は会員限定です

スマホ決済 来店動機に

ペイペイなど、影響力薄める狙いも

[有料会員限定]

スマホ決済サービスの成長は著しく、ソフトバンクZホールディングス傘下の「ペイペイ」の登録者数は5000万人を突破した。消費者にとっては便利だが小売業者にとっては悩ましい。日本経済新聞の21年度小売業調査では、キャッシュレス決済手数料について「負担は重い」との回答が44.5%にのぼった。

来店動機に及ぼす影響も大きい。決済サービスは会員獲得のためにポイント還元などのキャンペーンを仕掛け、利用者は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り230文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません